目の疲れ解消NAVI【原因&症状の治し方を徹底解明】

目の疲れ解消に効果のあるアイケアをナビゲートしています。目の疲れの原因に対して効果的な治し方を実践することでつらい症状を早めに解消することができます。

目の疲れ解消法

目の疲れの原因はビタミンが不足している

投稿日:

目の疲れに効くビタミン剤が市販されている

目の疲れを感じている人は、ビタミンが不足している可能性がありますので、市販されているビタミン剤を飲んでみると症状が緩和されることがあります。

ビタミン剤とは、その名のとおり、ビタミン欠乏症を予防することを目的にビタミンを製剤したもので、全部で13種類あるビタミンのうち、1種類を配合した単一剤や数種類を配合した複合剤の他、主なビタミンをほとんど配合した総合剤があります。

大手ネット通販サイトであるAmazonのビタミン剤売れ筋ランキングによれば、タケダの「アリナミンEX」、皇漢堂製薬の「新ネオビタミンEX」、エスエス製薬の「ハイチオール」などのビタミン剤が人気商品となっています。

 

ビタミンには副作用があるので過剰摂取には注意

ビタミン剤は、手軽にビタミンを補給できるというメリットがある反面、過剰摂取すると副作用が出ることもあるといわれています。

ビタミンは大きく分けて、水溶性と脂溶性の2種類があり、副作用について特に心配しなければいけないのは、脂溶性のビタミンAです。

ビタミンAは、抗酸化作用があり、目の疲れや視力低下の予防に優れている成分ですが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積されやすいため、ビタミンAを大量に摂取すると、過剰症として頭痛吐き気などを訴えることがあります。

疲労回復に効くことで知られているビタミンB群は水溶性ですが、水溶性ビタミンは尿など一緒に体外に排出されますので、副作用について特に心配する必要はないとされています。

ただし、ビタミンB2の場合、大量摂取すると、稀にしびれ痒みなどの副作用が出ることがあります。

また、ビタミン剤を摂取した人は摂取しなかった人と比較して死亡率が高いというアメリカの研究結果もあるそうですので、目の疲れを取るために、手軽に摂取できるからといってビタミン剤を過剰に摂取しないように充分注意する必要があります。

 

目の疲れにはビタミンB12配合の目薬が効く

目の疲れを感じている人のなかには、目薬が手放せないという人も多いのではないでしょうか。

ドラッグストアや薬局などに行っても、所狭しと目薬が陳列されている光景を目にします。それくらい現代人は、疲れ目や充血など目の症状で困っているといえます。

目薬と一言で言ってもいろんな種類がありますが、目の疲れには、ビタミンB12を含む目薬を点眼すると効果的とされています。

ビタミンB12には、末梢神経の修復作用ピントを調節する毛様体筋の働きを活発にする作用があり、末梢神経に働きかけることによって目の疲れを解消する効果がある成分として知られています。

ビタミンB12は、広義では「コバラミン」、狭義では「シアノコバラミン」のことを指しますので、目薬を選ぶときのためにこれらの言葉も覚えておくといいでしょう。

ビタミンB12(シアノコバラミン)配合の目薬には、参天製薬の「サンテアスティ」などがあります。

-目の疲れ解消法
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目の疲れなどの不調は目の老化のサイン!?

目が老化しているサイン!? 目の疲れなど目の不調が気になりだしたら、それは目の老化のサインかもしれません。 脳に伝える情報の約8割以上は目から入手しているといわれているくらい、私たちが生きていくうえで …

目の疲れをケアするには自分自身の環境に適した方法で

ケアを怠ると眼精疲労と診断されることも 目の疲れを自覚したときには、自分自身の環境に適したケアをできるだけ早く行うことが大切ですね。 セルフケアを怠って疲れ目の症状を悪化させてしまうと、充血や乾燥、目 …

目の疲れを解消するサプリ、結局どれがおすすめ!?

栄養不足も原因 目の疲れの原因のひとつとして、栄養不足も考えられています。栄養不足が原因であれば、目に必要な栄養をセルフケア補ってあげればいいということになりますね。 栄養を補う方法としては、目の健康 …

目の疲れに効くツボを意外に皆知らないうちに押しています

ツボは気が集まりやすい場所 目の疲れを取る方法として、ツボをマッサージするという方法もおすすめされていますね。 ツボとは、東洋医学では、専門用語で「経穴(けいけつ)」といい、からだの中には、「経絡(け …

スマホ依存になると目の疲れが取れにくくなる

スマホや朝日に多いブルーライト スマホを夜遅くまで、さらには、ベッドのなかで寝る直前まで使っている人は、目の疲れを引き起こすリスクが高まりますので、スマホの使用時間には充分に注意する必要があります。 …