目の疲れ解消NAVI【原因&症状の治し方を徹底解明】

目の疲れ解消に効果のあるアイケアをナビゲートしています。目の疲れの原因に対して効果的な治し方を実践することでつらい症状を早めに解消することができます。

目の疲れ解消法

産後に起こる目の疲れ対策

投稿日:2017年9月27日 更新日:

自律神経のバランスと大きく関係

ネットなどの口コミを見ると、産後目の疲れがひどい、目の奥が痛いなど産後の目の悩みが多く見受けられます。

産後に起こる目の疲れは、自律神経のバランスと大きく関係しています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類に分類され、活動状態及び緊張状態では交感神経が優位に働き、休息状態及びリラックス状態では副交感神経が優位に働きます。

そして、私たちの意志ではコントロールすることができません。

※自律神経に関する参考記事: 目の疲れは自律神経の乱れを起こす原因になる

 

毛様体筋と自律神経の関係

私たちがものを見るときには、カメラでいうところのレンズに相当する「水晶体」の厚みを「毛様体筋」と呼ばれる目の筋肉が厚くしたり薄くしたりしてピントを合わせています。

このとき、自律神経が毛様体筋に対してどのように働いているかというと、

・交感神経⇒毛様体筋を弛緩⇒水晶体を薄くする⇒遠くにピントを合わせる
・副交感神経⇒毛様体筋を収縮⇒水晶体を厚くする⇒近くにピントを合わせる

 

つまり、私たちが近くを見ているときには、2種類の自律神経のうち副交感神経が優位に働くのです。

 

産後自律神経のバランスが崩れる傾向にある

では、産後、育児をしている女性の目はどうかといえば、育児という活動及び緊張状態に、近くにいる赤ちゃんを見なければなりません。

これを自律神経の働きからいうと、からだは活動及び緊張状態であるため交感神経が優位に働き、目は近く見るために副交感神経が優位に働くとなるわけです。

したがって、本来別々に働く2種類の自律神経がひとつのからだで同時に働こうしてしまうため、産後の女性は、自律神経のバランスが崩れてしまう傾向にあるといわれています。

 

自律神経のバランスを整える

産後に起こる目の疲れ対策は、できるだけ、自律神経のバランスを整えてあげることです。

育児という交感神経が優位に働く環境を作ることです。

授乳やおむつ交換など近くを見る行為が終わったら、遠くを見る、同時に軽くからだを動かすことを実践してみるといいです。

そうすることによって、“遠くを見る⇒交感神経が優位に働く”“軽くからだを動かす⇒交感神経が優位に働く”ことになり、自律神経のバランスを整えることができます。

-目の疲れ解消法
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目の疲れに効くツボを意外に皆知らないうちに押しています

ツボは気が集まりやすい場所 目の疲れを取る方法として、ツボをマッサージするという方法もおすすめされていますね。 ツボとは、東洋医学では、専門用語で「経穴(けいけつ)」といい、からだの中には、「経絡(け …

目の疲れは自律神経の乱れを起こす原因になる

自律神経とは!? 目の疲れは、自律神経の乱れを引き起こしやすいといわれます。 自律神経の乱れは、からだに不調を起こし、健康を損なう原因になってしまいますので、目の疲れが自律神経の乱れの原因になるのであ …

目の疲れなどの不調は目の老化のサイン!?

目が老化しているサイン!? 目の疲れなど目の不調が気になりだしたら、それは目の老化のサインかもしれません。 脳に伝える情報の約8割以上は目から入手しているといわれているくらい、私たちが生きていくうえで …

目の疲れ回復に効くアスタキサンチンは『抗酸化の王様』

アスタキサンチンをアイケアサプリの成分に使用 目に良い食べ物や栄養素といえば、ブルーベリーを始め、紫外線やブルーライト対策に有効ということでルテインなどがよく知られています。 ※ブルーベリーに関する参 …

目の疲れによるクマは血行不良が原因

目の疲れでできるクマは「青クマ」 目の疲れは、目の下にクマを作る原因にもなります。 特に仕事でパソコンを長時間使用している女性は、見た目にも良い印象を与えませんので、クマができないように予防を心掛けた …