目の疲れ解消NAVI【原因&症状の治し方を徹底解明】

目の疲れ解消に効果のあるアイケアをナビゲートしています。目の疲れの原因に対して効果的な治し方を実践することでつらい症状を早めに解消することができます。

目の疲れ解消法

目の疲れは自律神経の乱れを起こす原因になる

投稿日:

自律神経とは!?

目の疲れは、自律神経の乱れを引き起こしやすいといわれます。

自律神経の乱れは、からだに不調を起こし、健康を損なう原因になってしまいますので、目の疲れが自律神経の乱れの原因になるのであれば、何かしらの対策を講じる必要があります。

自律神経という言葉自体はよく耳にしたことがあると思いますが、「自律神経とは!?」と聞かれると、答えに困るように意外に知られていない言葉なんですね。

自律神経とは、発汗や脈拍、血圧、消化、体温調節などからだの機能を司る神経です。「自律」という言葉が付いていることからもわかるように、我々の意志からは独立し他からの支配を受けない神経といわれています。

例えば、発汗や脈拍などを自分自身でコントロールすることはできないですよね。

 

自律神経の乱れとは

そして、自律神経は、交感神経副交感神経の2つから成り立っています。

交感神経は活発状態や緊張状態などのときに働く神経で、副交感神経は休息状態や安静状態などのときに働く神経です。

一般的に、どちらかが優位に働くときは、一方はお休みしている状態となっており、この状態を自律神経のバランスが整っているというのですね。

その反対に、からだのなかで、交感神経と副交感神経の両方が働こうとしている状態を、自律神経が乱れているというのですね。

 

目と自律神経の関係

では、目に対しては、自律神経はどのように働くでしょうか。

人がものを見るときにおいては、元々は、遠くを見るときには交感神経が、近くを見るときには副交感神経が働くとされています。

しかし、現代人は、近くを見るときに交感神経も働いてしまっています。

 

目が疲れる状態は自律神経が乱れる傾向にある

目が疲れるときは、多くの場合、近くを見るときです。つまり、現代人は、目を使って活発したり緊張したりしているときに、近くを見ているときが多いのです。

仕事などでパソコン作業をしている姿を想像してみてください。

パソコン作業中などは、からだや脳は活発及び緊張状態であるため交感神経が働き、目は近くを見ているため副交感神経が働くという状態になり、自律神経が乱れる傾向にあります。

 

目に対して自律神経を整える

対策としては、目に対しても、交感神経が働くようにすることです。

前述したように、目に対して交感神経が働く状態は、遠くを見るときです。

パソコン作業中など目が近くを見ているときは、作業の手を止めて適時遠くを見るなどでして自律神経を整えることを意識するといいでしょう。

-目の疲れ解消法
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後に起こる目の疲れ対策

自律神経のバランスと大きく関係 ネットなどの口コミを見ると、産後目の疲れがひどい、目の奥が痛いなど産後の目の悩みが多く見受けられます。 産後に起こる目の疲れは、自律神経のバランスと大きく関係しています …

目の疲れは実はドライアイが原因だった!?

疲れ目の6割がドライアイ!? 目の疲れの症状が出ている人の涙の分泌量を検査すると、正常の人の涙の分泌量よりも少ないケースが多く、また、疲れ目の原因の約6割がドライアイともいわれています。 ですので、目 …

目の疲れを起こさないためのコンタクトレンズの使い方

コンタクトは目の疲れの原因のひとつ 近視の症状が出ると、視力を矯正するためにコンタクトレンズを使用する人が多いですね。 コンタクトレンズの使用は、目に負担をかけることになり目の疲れの原因のひとつです。 …

目の疲れ解消マッサージなら、ツボ押し・家電・ゴッドハンド

マッサージは自分でするなら費用0円のアイケア 現代人は、パソコンやスマホ、タブレットなどの電子情報端末を使う機会が多いですので、必然的に目の疲れを引き起こしやすいといえます。ゲーム機器も普及しています …

目の疲れをケアするには自分自身の環境に適した方法で

ケアを怠ると眼精疲労と診断されることも 目の疲れを自覚したときには、自分自身の環境に適したケアをできるだけ早く行うことが大切ですね。 セルフケアを怠って疲れ目の症状を悪化させてしまうと、充血や乾燥、目 …