目の疲れ解消NAVI【原因&症状の治し方を徹底解明】

目の疲れ解消に効果のあるアイケアをナビゲートしています。目の疲れの原因に対して効果的な治し方を実践することでつらい症状を早めに解消することができます。

目の疲れ解消法

目の疲れを起こさないためのコンタクトレンズの使い方

投稿日:2017年9月14日 更新日:

コンタクトは目の疲れの原因のひとつ

近視の症状が出ると、視力を矯正するためにコンタクトレンズを使用する人が多いですね。

コンタクトレンズの使用は、目に負担をかけることになり目の疲れの原因のひとつです。

日常生活でコンタクトレンズを使用することはもちろんメリットも多いのですが、目にとっては、目のなかにコンタクトレンズがあるのがいいのか、それともないのがいいのかといえば、ないほうがより健康的であることは疑いようがありません。

したがって、コンタクトレンズを使用する際は、自己管理がとても重要になってくるのです。

 

1日のコンタクトレンズの理想的な使用時間とは

まずは、1日のコンタクトレンズの使用時間を管理する必要がありますね。

1日のコンタクトレンズの標準的な使用時間は、コンタクトレンズメーカーなどによると、おおよそ12時間~14時間以内、または16時間以内とされていますが、眼科医によっては、8時間以内にするようにアドバイスしているケースもあります。

つまり、コンタクトレンズの使用時間は、長いよりは短いほうがいいということがいえます。

 

度数が合わないコンタクトで毛様体筋が疲労

度数が合わないコンタクトレンズの使用も、目の疲れの原因です。

コンタクトの度が合ってないためにピント調節が上手くできず、ピント調節の働きをする毛様体筋が疲労してしまいます。

毛様体筋とは水晶体の厚みを変える目の筋肉で、目の筋肉疲労が目の疲れとなって自覚します。

今、使用しているコンタクトレンズを長い間買い替えていない、しばらくコンタクトをはめて視力検査をしていないなどという人は、コンタクトレンズの度数を合わせることで目の疲れ軽減に繋がることが多いといわれています。

-目の疲れ解消法
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目の疲れからくる症状を放置すると深刻な病気になる危険が!

症状をチェック 目の疲れが原因で起こる症状は、人によって様々ですね。眼に現れる症状は当然だとして、全身にも症状が現れる人もいます。 仕事などでパソコン作業、デスクワークが多いなど眼を酷使していると感じ …

目の疲れは自律神経の乱れを起こす原因になる

自律神経とは!? 目の疲れは、自律神経の乱れを引き起こしやすいといわれます。 自律神経の乱れは、からだに不調を起こし、健康を損なう原因になってしまいますので、目の疲れが自律神経の乱れの原因になるのであ …

目の疲れを解消したいならクロセチンを組み合わせて摂ろう

クロセチンはルテインの力を最大限に引き出す 抗酸化力があるカロテノイドが目に良いといわれ、サプリメントにもよく使われていますね。 最近は、アイケアサプリとしてルテインサプリが製薬会社や健康食品メーカー …

目の疲れ解消マッサージなら、ツボ押し・家電・ゴッドハンド

マッサージは自分でするなら費用0円のアイケア 現代人は、パソコンやスマホ、タブレットなどの電子情報端末を使う機会が多いですので、必然的に目の疲れを引き起こしやすいといえます。ゲーム機器も普及しています …

目の疲れをケアするには自分自身の環境に適した方法で

ケアを怠ると眼精疲労と診断されることも 目の疲れを自覚したときには、自分自身の環境に適したケアをできるだけ早く行うことが大切ですね。 セルフケアを怠って疲れ目の症状を悪化させてしまうと、充血や乾燥、目 …